Report

特集記事

B2B2C領域拡大狙い / Wiliot社とスマートリテールで協業

某機械メーカーは、消費者にも新しい価値を提供するビジネス、B2B2C領域での事業展開を拡大させるため、バッテリーが不要のloTセンシング・ラベル「Wiliot loT ピクセル」(以下Wiliotタグ)
およびクラウドサービスを開発するWiliot社(本社・イスラエル)と、2021年7月にリテール分野におけるloT化に関する契約を締結した。契約期間は3年間。

バーコードや2次元コード、RFIDなど、モノや人に情報をひも付ける”タギング”で事業の拡大を進めてきた。
そうした中、ソーシャルメディアの出現や消費者が情報を得る手段の多様化、ライフスタイルの変化などによって、消費者の嗜好や購買行動に変容が起こってきている。
個の消費者の行動を深く知ることで、より効果的なマーケティングを行ったり、精緻な需要予測に生かしたいニーズが、小売業やメーカーの間でいっそう高まっている。
B2B2C領域での事業拡大を図る狙いからWiliotタグに注目した。
Wiliotタグは、センサ機能を持つ電池レスの超小型Bluetoothタグで、IDだけでなく、取り付けられたモノの位置、温度、動き、容量の変化などが検知できるというもの。
周囲の電波を電力に変換することで、電気レスで、継続的に情報を集めることができる。

また、近距離無線通信Bluetoothにより、専用の読み取り機がなくても、スマートフォンや家電、店舗内の什器などから情報の収集が可能。
そのため、店舗内に陳列されている商品や、消費者の購買した後の商品の状態・使われ方などの情報を自動的に集めることが可能となる。
今回戦略的パートナーシップ契約を締結したWiliot社は21年7月にはソフトバンクグループ傘下の投資ファンドから約220億円の調達を行ったほか、アマゾンウェブサービスの(AWS)やNTTドコモ・ベンチャーズからも出資を受けるなど世界から注目されている。

2021年10月18日包装タイムス引用

More Archives

人手不足、作業量過多を解消

#61 特集記事 2022.06.06

人手不足、作業量過多を解消

医薬・化粧品向け提案を強化

#59 特集記事 2022.06.01

医薬・化粧品向け提案を強化

透ける・書ける特殊紙

#58 特集記事 2022.06.01

透ける・書ける特殊紙