Report

特集記事

環境に優しい手提げ封筒

(画像は公式サイトより引用)

平和紙業は、製造工程上でごみを出さない手提げ型の「やさしい封筒」にA4クリアファイルが封入できるサイズ(245×360㎜)を新たに開発した。同サイズは、昨年12月からオーダー受け付けを開始している。

一般的な封筒や紙袋を作る際には、その工程で多くの端材が出てしまい廃棄されていた。「やさしい封筒」は。加工の過程でのごみゼロを目標に廃棄物をできるだ減らそうとるする“ゼロ・ウェイスト”活動を実践。組み立てが容易で、シンプルかつ使いやすいデザインとなっている。用紙はグラフィーCoC、エコ間伐紙N、ディープマットの既定エコロジーペーパー3種類に加え、オーダー時期によって変わる常備在庫販売を終了した商品、合計4種類から選べる。商品名や社名、企業ロゴをデボス(型押し)加工することも可能。テープや糊が不要の組み立て式であり、繰り返し利用することができる。

開発のきっかけは、社員が長年抱えていた「販売を終了した紙にもう一度活躍の場を」という思いだったという。展示会やイベントでの販促ツールの配布向け、SDGsに関連するプロダクトやサービスでの活用を想定し、布やプラスチックバッグからの代替を見込む。

 

(包装タイムス2024年1月22日より引用)

More Archives

使用済み容器を再資源化

#285 特集記事 2024.04.19

使用済み容器を再資源化

再利用しやすい手提げ袋を発売

#282 特集記事 2024.04.15

再利用しやすい手提げ袋を発売

官民連携で国内初の実証事業

#284 特集記事 2024.04.19

官民連携で国内初の実証事業